カナダ都市観光 秋のモントリオール・ケベック

カナダ旅行のスタートはケベック州の大都市モントリオールからです。
大都市といっても落ちついた旧市街とオフィスビルが建ち並ぶ新市街に分かれています。
住民はフランス系カナダ人が中心ですが移民も多い国際都市です。



まずはノートルダム大聖堂
かの大歌手セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた教会




教会内に入ると目をみはる豪華な造り




石畳の旧市街を散歩、観光客が多くいます。
青い旗はケベック州旗




モントリオールの市場です。
日本の市場に比べると人も少なく買い物は楽で、メープルシロップを買いました。
この店に限らず、とてもカラフルな店が多かったです。




市内のモン・ロワイヤル公園に行きました。
大きい公園で、冬は市民がクロスカントリースキーで歩いてるそうです。
公園にはリスが多く、とても人懐こく手から餌をあげられます。
日本のリスと比べるとだいぶ大きいです。





お次はモントリオールからバスで2時間30分ほどの
世界遺産の城壁都市ケベックを散策
ケベックで一番高いところに建って目立つ フェアモント シャトー フロントナック




ロウアータウンからアッパータウンを目指して歩く




北米で一番古い商店街プチ・シャンプラン通りを散策




街には馬車も走る




街の高台から見下ろす。
下に見える川はセント・ローレンス川で冬は凍る。