秋のフィンランドでオーロラとハイキング

フィンランドのサーリセリカ
街に隣接するウルフォケッコネン国立公園でハイキング


トレール入り口の案内板







本日のコースはこの橋から出発




谷に沿って登る






稜線から尾根に出ると、なだらかで広いハイキングコース
ロシア国境までトレールが続くそうです。




今回のコースは緑の標柱をたどっていきます。




コース沿いにはブルーベリー実って、時々つまんで食べながら歩きます。




トナカイがひょっこり出現 こちらが見られてます。




休憩です。 
サーリセリカのスーパーで買ったサンドイッチとリンゴを食べました。
(日本のリンゴに比べると酸っぱくて美味しくない)



今回は2日間のハイキング、ともに3時間のコースでした。
ウルフォケッコネン国立公園のハイキングはサーリセリカから、多数のコースがありました。急な登りは少なく広大でゆったりしたコースが多いと感じました。
(冬はクロスカントリースキーのコースになるので急坂が少ないのかも)


毎日、昼はハイキング、夜は遅くまでオーロラ撮影で疲れ気味。
おかげで帰りの飛行機では爆睡でした。